龍の話1(龍は雲に宿る。龍と仲良くなると力を貸してもらえる)

桜 常連のIさんが、どんな人か紹介して。
〇 50代の女性で目に見えない大きな荷物を背負っている。
  話し方に問題があるけど素直な人だよ。
  以前にブログで書いたように知り合いのKさんと来店すると思っていた。
  1人で来た。
桜 Iさんは、龍が大好きね。
〇 龍神、九頭竜、金龍、銀龍、虹龍などについて質問してきた。
  常にスマフォで龍雲を撮影している。

桜 龍は、雲に宿る。
  雲が龍の形になっているときは宿っている。
〇 龍雲だね。
桜 そうよ。
  龍に興味がある方は、空に浮かぶ雲を見て下さい。
  龍を見つけたら、幸せに感じると思います。
〇 そうだね。

桜 Rさんも龍が大好きね。
〇 そうだね。
  私が撮影した龍雲を見て驚いていた。
桜 ○○にしか撮れない写真ね。
〇 それは・・・他の人の撮った写真も凄いよ。
桜 龍の背に乗った神様を写したわね。
  月の周りに8の字を描いた写真は、○○にしか写せない。
〇 龍の背に乗った神様をハッキリと見た。
  でも雲だよ。
  それにスマフォで撮影したときには、形が崩れていた。
桜 IさんとRさんに写真を見てもらったらいい。
〇 分かった。
  見せてみるよ。

桜 Iさんが、龍に興味を持っているのは、良い事よ。
〇 龍に興味を持つ人は、何度も輪廻転生を繰り返してきたと思う。
桜 そうね。
  魂レベルが低いと龍に興味を持たない。
〇 私も過去、龍に興味を持ち写真を取った。
  今は、龍雲を撮ろうなんて思わない。
桜 ○○の中に多くの龍が居るからよ。
〇 Iさんも私のように龍と仲良くなり力を貸してもらえるようになるのかな?
桜 ○○は、特別よ。
  いきなり自分の中に龍を呼び込む人は、殆どいない。

桜 ○○は、使命を果たすために多くの神様や眷属(龍など)にお願いして地上に降りた。
  龍の力が必要な時期になったから、○○の中に入ってきた。
  運命の書に書いたことが現実になった。
〇 覚えていないよ。
桜 覚えていなくてもいいの。
  天国に帰れば、分かることだから。
〇 なんと答えたらいいのか、分からない。
桜 いずれ分かることよ。

楽天

アマゾン

「龍使い」になれる本 単行本(ソフトカバー)