運10(ケチった事で病気という運を引き寄せた話)

布 以前に話したことだが、ケチった分、お金が出ていく。
  5年ほど前の出来事を覚えているかな。
  何も買うことなくサービスだけを受けようとした女性がいたな。
○ はい。
  身なりだけでなく持ち物も小汚いのを覚えています。
布 買い物袋の野菜も気になったな。
○ 買った物だとは、思えませんでした。
布 処分される物をタダで手に入れた物だ。
○ そうだったのですね。

布 左手の薬指を見て驚いたようじゃな。
○ はい。
  結婚指輪をしているのを見て驚きました。
  失礼だと思ったのですが・・・
  どう見ても結婚出来るとは、思えなかったのです。
布 そうじゃな。

○ その女性を何年も見ていません。
布 知りたいかな。
○ はい。
  霊視して頂けますか?
布 分かった。

布 その女性をYさんと呼ぶ。
  Yさんは、専業主婦だ。
  現在、病気だ。
  これまでケチな生活をしてきたためお金が出ていく状態だ。
○ 経済を回すためお金が出ていくのですね。
布 そうじゃな。
  Yさんは、車を持っていない。
  持っていたら、車をぶつけて修理代が出ていく。
○ お金を使う出来事が起こるのですね。
布 車を持っていないため病気として現れた。

布 Yさんは、やせていたな。
  食費などもケチっていたため栄養失調だ。
  栄養失調だから、体力がないため病気になった。
  これまでケチった分、治療費としてお金が出ていく。
  本人は、運が悪いと思っている。
○ 美の女神様(命)に教えてもらいました。
  「運」は、偶然に起こる出来事ではなく引き寄せるもだと。
布 そのとおりだ。
  Yさんは、病気という「運」を引き寄せた。

布 Yさんの話は、読者の皆さんの生活から、かけ離れている。
○ 例えとして分かりやすいから、話してくれたのですね。
布 そうだ。
  分かって欲しいのは、自分の収入に見合った生活をして欲しい。
  貯蓄も必要だ。
  贅沢をして下さいなどと言わない。
  中道な生活をして欲しい。
○ はい。

サイトマップ 運

サイトマップ 布袋様
メインマップ 全ての記事