貧乏神は、お金を使うように指導する(美の女神様との会話5)

美の女神様の言葉は「命」で表現します。
私は、○です。

○ 貧乏神の話だけど・・・
命 まだ聞きたいことがあるのね。
○ 貧乏神が憑いていると思う人を思い出した。
  小汚くケチだった。
  お金を貯めることが、趣味のように感じた。
命 ある程度、お金が貯まったことで欲が出てきたのよ。
○ もっと貯めたいと思う欲?
命 通帳の残高を増やしたいと思う欲よ。
○ 私には、理解できないことだよ。
命 ○○だけでなくこの文章を読んでいる方は、理解できないわ。
  だって、その人には貧乏神が憑いている。
○ 普通ではないんだ。
命 そうよ。

○ その人は、不思議なことに新車を買った。
  それまでは、中古車だった。
  貧乏神の力なのかな?
命 そうよ。
  貧乏神は、お金を使うように指導する。
○ なるほど・・・
  社会に還元するには、少ない金額だと思う。
命 そうね。
  もっと、もっと。還元しないといけない。
○ そうだよね。

命 貧乏神は、もっとお金を使うよう出来事を招く。
○ もしかし悪い出来事?
命 そのとおりよ。

命 その人にお金を使う出来事が起こったでしょう。
  それも複数、起こった。
○ 事故、追突事故。
命 ケガをしなくて良かったわね。
○ 貧乏神は、お金を使って欲しいんだ。
命 そうよ。
  ケチな人に起こる出来事よ。

命 中道で生活していれば、貧乏神に憑かれる事はない。
  (中道について詳しく知りたい方は、ネットで調べて下さい)
○ ケチる事なくお金を使うことだね。
命 そうよ。
  分かっていると思うけど使いすぎも駄目。
  収入に合った生活をすることが、中道よ。
  (貯蓄も含まれます)
○ ある女性を思い出した。
命 その話は、次回にする。
○ 分かった。
  ありがとう。

サイトマップ 運
メインマップ 全ての記事