言葉には出さないのですが、将来結婚しようと思っていた相手の裏切り

ソウルメイト

 話を元に戻します。
ABさんが、2年生になった頃、隣にK君の家族が引っ越してきました。
K君は、同じ2年生です。
引っ越してきたばかりなので一緒に登校することになりました。
ABさんは、K君にクラスが決まっているのか聞きました。

「分からない。職員室に来るようにと言われている」

 教室にはいると転校生が来ると騒いでいます。
しばらくすると先生が、K君と教室に入ってきました。

「静かにして下さい。今日からこのクラスの仲間になるK君です」

 K君の席は、ABさんの隣です。
ABさんは、K君に学校のことクラスのことなどを教えます。

 中学になるとABさんは、好きな男子が出来ました。
隣のクラスのBK君です。


サッカー部に所属していてイケメンです。
バレンタインデーに告白して付き合うことになりました。
高校生になっても仲良しです。
ABさんは、保育士になるため短大へと進学しました。
BK君は、大学へと進みます。

 ここまでは、何処にでもある話です。
「これから、本格的な人生になるのですね」
 そうです。

運命とソウルメイト (紙の本)

運命とソウルメイト (電子書籍)

運命とソウルメイトⅡ (電子書籍)

運命とソウルメイトⅢ (電子書籍)

 ABさんは、短大を卒業し保育士として働きます。
休みの日は、BK君とデートを楽しみます。
言葉には出さないのですが、将来結婚しようと思っています。
職場では、可愛い子供達に囲まれ幸せな日々を送っています。

 休みの日、一人で買い物に街へと出かけたときです。

「あ!BK君だ」

 駆け寄ろうとしたときです一人の女性が、BK君に近づくと腕を組みました。
突然の出来事に身を隠し二人を見守ります。
腕を組み笑顔で歩く二人は、誰が見ても恋人同士です。
ショックでどうしていいのか分かりません。
自宅へと急ぎます。
電話で訳を聞こうとしたのですが、勇気がでません。

 翌日、仕事に身が入りません。
いつものように笑顔を出すことができません。

「先生、どうしたの?頭が痛いの?」

 園児に聞かれ我に返ります。

「大丈夫よ」

 笑顔で答えるのですが、いつもと違います。
週末になりBK君と会うことになりました。

 BK君は、公園のベンチに座って待っていました。
何も言わず隣へ座ります。

「どうしたんだ。疲れているのか?」

 BK君の言葉に首を横に振ります。

「先週の日曜日、女性と腕を組んで歩いているのを見たの」
「そうか・・・高校生の時、同じクラスだったM子さんだ。同じ大学なんだ。ABと過ごす時間よりM子と居る時間が長くなり好きになって声を掛けた」

 BK君の言葉にM子さんの事を思い出していました。

「君に別れようと言い出せなかった」
「酷い。結婚しようと思っていたのに」

 ABさんは、急いでその場を離れます。
家に戻ると自室で泣き崩れます。
数日間、仕事を休み部屋から出ることが出来ません。
BK君と腕を組んでいたM子さんが許せなくなってきました。

「M子が居なければ、幸せだった」

 時間が経つほどM子さんが憎くなっていきます。

次回に続く

「清水(聖水)」 「龍神の塩」 「波動の塩と」 「銀龍ペンダント・ヘッド」に興味のある方は、下記をクリックすれば出てきます。
メルカリ

ラクマ

サイトマップ

トップページ

カライナイが書いたプリント本(紙の本)と電子書籍の一覧です。