自殺2(自殺することで全てが無くなり許されると思う事は、間違いです)

☆ 何度も話したことです。
  天国から地上に降りる前に運命の書を書き指導する天使に提出します。
  自分の運命は、自分で決めるます。
  運命の書(運命)には、自殺をしますと記載できません。
○ はい。
  自殺は、不幸です。
  運命の書に不幸なことは記載できません。
  地上に生まれるのは、魂修行のためです。
  魂修行とは、幸福になる事です。
☆ そうです。
  幸福になるために地上に降りるのです。
  幸福になるための方法が分からないため自殺をするのです。

○ 本当の意味で自分を愛していません。
☆ 自分を愛する術を知らないのです。
  後輩の彼女は、間違えた形で自分を愛したため自殺したのです。
○ はい。
☆ 〇〇は、正しく自分を愛する方法を伝えるために本やブログを書いています。
  目に見えるものが主人公ではなく心が主人公だと伝えるためです。
○ はい。
  女神様だけでなく多くの仲間に力を貸してもらっています。

☆ 読者の皆さんが、疑問に思っている事を話します。
  〇〇は、読者になったつもりで聞いて下さい。
○ はい。

☆ 後輩の彼女は、死んでしまうと全てが無くなり許されると思って自殺しました。
  肉体が死んでも魂は死にません。
  〇〇、自殺した後、魂は何処に行きますか。
○ 地獄です。
☆ そうですね。
  彼女は、針山地獄に落ちました。
  針山を歩いて自分を責めるのです。
  針山を歩き続ける事で痛みを感じ苦しむのです。
○ 肉体がなくても痛いのでしょうか?
☆ 生きていたときと同じように痛みを感じます。

○ 生きているとき針山を歩くことはありません。
  自殺することなく生きていた方が、楽だと思います。
☆ そうです。
  神様から頂いた肉体を粗末に扱った結果です。
  多くの方が、自殺すると地獄に落ちる事を知らないのです。
  彼女が、地獄に落ちることを知っていたら、自殺することはありません。
○ 肉体が死を迎えることで全てが無になると思う方が、多いのですね。
☆ そうです。
  現実です。

○ 彼女は、悪霊の影響も受けていたのでしょうか?
☆ そうです。
  自殺の恐れがある複数の方を見ていますね。
  その様な方は、多くの悪霊に憑依されています。
○ はい。
  私が見ている方は、誰かを憎んでいます。
  自分を責める彼女と違うのではと思っています。
☆ 〇〇から見ると違うように見えるかも知れませんね。
  同じです。
  相手を責めるのも自分を責めるのも同じです。
  相手を恨む。
  自分を責める。
  強い思いで責めると言う事は、恨む行為と同じです。
  恨むと悪霊がやって来ます。
○ なるほど・・・

サイトマップ 桜姫
サイトマップ 憑依の記事
メインマップ 全ての記事