私が女神様と話を始めた頃の文章です。

未完のままです。
未完のまま掲載します。
かっこで囲まれた文が、女神様の言葉です。

アカシックレコード(宇宙のある場所にあるデータベース)

今日は、過去世を見ることが出来る霊視についてお話をしたいと思います。

私の中にいる女神様は、私を呼ぶとき過去世の名前を使います。
何故、過去世の名前で呼ぶのか聞いてみました。
「○○が、計画した運命の初めなのです。私たちから見ると過去世の色が濃く今の名前になじめないからです。
今回、運命の書に書かれたことを実行できたら、来世は今世の名前で呼ぶことになります。
過去世、どんなに偉かったとしても今世とは、関係のないことです」
はい、私にとって過去世の名前で呼ばれるのは、重く感じます。
今の私は、サラリーマンを卒業しスピリチュアルカウンセラーをしていて特別な存在ではありません。

「それは、○○が現実主義だからです。特別ではないと思っているようですが、○○が、居ないと困る人が多くいます。理解していますか?」
はい、スピリチュアルカウンセラー、ヒーラーとして必要な存在だと認識しています。
「○○の計画した第二の人生は、始まったばかりです。これから先、もっと多くの人のために生きることです。
本題から、話が外れました。本題に戻します」
はい、お願いします。

「あなたの過去世は、武士でしたと言う方がいます。一世代前の過去世を見ているのです。
人助けを超え世のために考えている方は、二世代前以前も霊視しています」
何故、数世代前の過去世を霊視しなければいけないのですか?
「三世代前に作ったカルマを解消するためには、一世代前を霊視しても原因は、分からないからです」
なるほど・・・言われてみて気がつきました。
原因が分からなければ、カルマの解消が出来ないのですね。
「そうです。私は、○○に数世代前の過去世を見る力を与えました。使うときです」
女神様、本題から外れています。

「そうでしたね。

文章は、ここで終わっています。
封印するにももったいない為、当時のまま掲載します。

      by.karainai