環境による憑依5(忙しいお母さんが、子供に愛情を与える方法)

 ☆が、女神様の言葉で○が、私です。

☆ あるお母さんに息子を見て欲しいと頼まれましたね。
  覚えていますね。
〇 はい、覚えていますが、名前は忘れてしまいました。
  息子さんは、20代後半で発達障害でした。
☆ そうです。
  分かりやすいようにKさんと呼びます。

〇 はい、Kさんは多くの悪霊に憑依されていました。
  初めの原因は、お母さんなのですね。
☆ そうです。
  前回話したYさんと同じようにお母さんは、Kさんに愛情を与える事が出来なかったのです。
  他にも同じような方がいるのです。
〇 私が、気がついていないのですか?
☆ そうです。
  〇〇が、気がついていないだけです。
  TDさんもそうですよ。
〇 気がつきませんでした。

〇 その様なお母さんは、仕事をしていると思います。
☆ 9割以上の方が、仕事をしています。
〇 お母さんが、専業主婦だと愛情不足にならないのですね。
☆ そうですが、現代社会で生きるためには、お母さんも働くことが求められます。
〇 共働きをしなければ、生活が出来ない家庭が多くあることも知っています。
  働きながら、愛情を与える方法は無いのですか?

☆ 自分自身で決めた運命です。
  何が言いたいのか、理解していますね。
〇 子供に愛情を与える事が出来ると計画してきたのですね。
☆ そうです。
〇 現実とかけ離れています。
☆ 本人が決めた運命は、指導する天使に認められたのです。
  何かが足りないのです。
  考えて下さい。

〇 何かが足りない・・・
  工夫ですか?
☆ そうです。
  以前に話したことです。
  仕事から帰ってきて夕食を作ります。
  子供に愛情を与える事が出来ていないお母さんは、黙ったまま夕食を作ります。
〇 思い出しました。
  家事をしながら、子供と会話することです。
☆ そうです。
  夕食を作りながらでも子供と話すことが出来ます。
  忙しさに流され工夫していない結果が愛情不足です。
  家事だけではなく工夫できることが、沢山あります。

☆ 〇〇は、愛情不足でアトピー性皮膚炎になったT君を助けましたね。
〇 はい、お母さんのMさんに愛情の与え方を教えました。
  愛情を与えたことでT君のアトピー性皮膚炎が治りました。
☆ お母さんの愛情が足りないと病気になったり悪霊を引き寄せている事になるのです。
〇 はい。

私の書いた本です。

憑依Ⅰ、憑依Ⅱ オンデマンド (ペーパーバック)

憑依Ⅲ、憑依Ⅳ、憑依Ⅴ オンデマンド (ペーパーバック)

私の書いた電子書籍です。

憑依Ⅰ Kindle版

憑依Ⅱ Kindle版

憑依Ⅲ Kindle版

憑依Ⅳ Kindle版

憑依Ⅴ Kindle版