水の話3(地域で違う水道水の安全性。健康になるためには、毎日、水を飲むこと)

医療担当の女神様(桜姫)との会話です。
桜の印が、桜姫の言葉です。
〇は、私です。

〇 水道水は、安全なのかな?
桜 地域によって違う。
  飲んでも安全な基準が決められているけど問題がある。
  有害な物(菌)などを死滅させるため薬品が含まれている。
  薬品は、少しずつ体内に蓄積される。
  分かりやすいのが、胆石ね。
  水道水に石灰などが多く含まれている地域がある。
  その地域で毎日、水道水を飲んでいると50代前後に胆石になる。
  純水が一番いい。
〇 生活環境の変化で水源が汚染されている地域があるのも確かだよ。

桜 全国の水質を調べることなんて出来ない。
〇 何処が汚染されているかなんて言えない。
桜 言ったら、大きな問題になるわ。
  だからこそ純水を飲んで欲しいの。
  何かを思い出したようね。
〇 うん。

〇 心筋梗塞で二回も倒れた男性を思い出した。
  水を飲んでいないことを指摘したら「毎日、3リットル飲んでいます」と答えた。
  詳細を聞いたら、お茶を3リットル飲んでいたよ。
桜 お茶は健康にいいけど水の代わりにならないわ。
  飲み過ぎるとお茶に含まれている成分が体に蓄積される。
  病気の原因になる。
〇 水も飲み過ぎたら、駄目なのかな?
桜 そうよ。
  適量を飲む事ね。
  成人男性は、2リットル。
  成人女性は、1.5リットル。
  体が大きい方は、少し量を増やして欲しい。

〇 何度も話して貰っているけど飲み方も話して。
桜 500ミリリットルのペットボトルを4~5回に分けて飲んで。
  間隔は、30分以上開けること。
〇 意識しないと飲むのが難しい。
桜 健康のため毎日運動する人がいるでしょう。
  それと同じよ。
〇 そうだね。

私が書いた本です。


私が書いた電子書籍です。