水の話1(喉元過ぎれば熱さを忘れる。水は、体内に蓄積された有害なものを外に出す)

女神様との会話です。
☆の印が、女神様の言葉です。
〇は、私です。

☆ 常連の女性、Sさんの言葉に驚いてしまいましたね。
〇 もしも、相手が、身近な人だったら、怒っていたかも知れません。
  5年以上前から、水の大切さを話しています。
  女性なら、1日で1.5リットルの水を飲むようにと何度も言っていました。
  来店すると「右足が、腫れているんです」と言ったことに驚き水を飲んでいるのか、確認しました。
☆ 量が、1リットルでは、少ないですね。
〇 はい、少ないです。


〇 食べ物や飲み物に含まれている有害な物は、体に蓄積されていきます。
  有害な物を体外に出すために水が、必要だと話したにもかかわらず飲んでいないことに驚きました。
☆ Sさん病院に通い薬を飲んでいます。
  薬は、病気を治すために必要ですが、体によくない物を含んだいます。
〇 はい、薬を飲んでいるのなら、水を飲んでよくない物を体外に出すべきです。
☆ ○○の話を聞きながら、コーヒーの事を気にしていましたね。
〇 コーヒーを飲みたいのなら、必要な水を飲むべきです。
  コーヒーの事を聞かれたことにあきれてしまいました。

☆ 健康になったため気が緩んでいるのです。
  入院していた頃の辛さを忘れています。
  健康でも水は、必要ですね。
〇 有害な物が、蓄積され足が腫れました。
  有害な物は、足に溜まりやすいです。


〇 何時から腫れているのか、聞くと2ヶ月前と答えたことにも驚きました。
  何故、言わなかったのか、理解できませんでした。
☆ 少し腫れているだけで自然に治ると思っていたのです。
  痛みも無いため気にしていなかったのです。
〇 確かに痛みを伴わなければ、自然に治ると思ってしまいます。
  Sさんは、大病を患ったから、他の方々より気をつけるべきだと思います。
  急いで手当てをしました。
  気になるほどではなかったためホッとしました。
☆ 今回の件でSさんもちゃんと水を飲むようになります。
〇 はい。

☆ この文章を読まれている読者の皆さんは、水を飲んでいると思っています。
  年齢を重ねていくほど食べ物や飲み物に含まれる有害な物が、蓄積されていきます。
  体内に入った有害な物を外に出せるのは、水だけです。
  健康で長生きするために水を飲むことをオススメします。

私が書いた本です。


私が書いた電子書籍です。