桜姫との会話、25

桜姫

桜 Sさん、Fさん、Tさん、Yさん、Gさん、その他の方々の話を一つにするね。
  名前は、どうした方がいいかしら。
○ 思いだしてしまった。
桜 ○○が、乳ガンを治したEさんの事ね。
  Sさん、Fさん、Tさん、Yさん、Gさんを足して割ったのがEさんね。
  名前は、Eさんだけど○○が出会った人じゃないからね。
○ 分かった。

桜 乳ガンになるのは、30代以降が多くなる。
  Eさんが、40代後半になった頃、会社の健診で乳ガンが見つかった。
○ 桜、省略しすぎだよ。
  結婚は?子供は?
桜 そうね。
  結婚していて子供は、息子と娘がいる。
  結婚したのが早かったため二人とも成人して働いている。
  ご主人は、中企業の役員でお金には困っていない。
  これ位でいいかしら?
○ 疑問が出たら、聞くよ。
桜 そうして。
  忘れていた。
  ご主人の名前はK男さん、息子は、Iさん、娘は、Oさん。

桜 検査の結果、手術をすることになった。
  多くのことに動じないEさんは、初めて不安に襲われた。
  これまで大きな病気をしたこともないため手術を恐れた。

K 大丈夫だ。
  麻酔もするから、痛くない。
E 怖い。
K お前らしくないな。
  これまでも強かったじゃないか。
I 大丈夫だよ。
  僕たちがついている。
O お母さん、手術をすれば元気になれるわよ。
  頑張って。

桜 家族は、Eさんを勇気づけますが、落ち着かない。
  一週間後、無事に手術が終わった。
  これで全てが元に戻ると思っていた。
  しかし、2年後の検診で再発が確認された。
○ 再発したんだ。
  ガンを克服する話だよね。
桜 簡単に克服は出来ない。
  何故なら、Eさんの考え方が変わっていないのよ。
○ 普通なら、ガンになったことで考え方が変わると思う。
  人間的に丸くなるよね。
桜 ○○が手当で治した人達を思い出して。
  簡単じゃないの。
  特にEさんのような人は、難しい。
  Eさんは、再発する人の代表と言ってもいい。

○ 再発する人としない人がいるんだ。
桜 頑固の度合いが違うのよ。
  話を進めていくことで度合いの違いが分かる。
  頑固の度合いが強いと命を落とすことになる。
  頑固が酷いEさんは、ガンが肺に転移してしまう。
  治療でやせ細り余命1年だとお医者さんから、告げられた。
○ 桜・・・
  話を省略しすぎだよ。
  再発するまでに何があったのか話して。
桜 ごめんね。
  ○○が理解しているから、省略した。
  分かっているでしょう。
○ 俺は、分かっているけど読者の皆さんが理解できないと書いている意味がない。

桜 うふふ。
  ○○は、真面目すぎるから、からかったのよ。
○ 俺をからかうのはいいけど読者の皆さんの事を考えてよ。
桜 ちゃんと考えている。
  この話を読んでいる読者の皆さんも○○と同じなの。
○ 何が、同じなの?
桜 真面目なところよ。
  ○○をからかっても読者の皆さんをからかうことは出来ない。
○ 分かっていてやっているんだ。
桜 うん。

桜姫の記事
健康の記事
水の記事の記事
メインマップ 全ての記事