桜姫との会話、病気、ガン(神社に行くことで心が穏やかになる)26

桜姫

桜 Eさんが会社からいなくなったことで多くの人が、穏やかに仕事をしている。
〇 どんな仕事をしていたのかな?
桜 婦人服を作る会社よ。
  企画の仕事をしていた。
  どのような服を作るのかや販売方法などを企画していた。
  地位は、企画部の次長よ。
〇 部では、2番目に偉い地位だね。
桜 そうね。

〇 多くの人が穏やか?
  Eさんが居るとやりにくかったのかな?
桜 Eさんは、頑固だけじゃなく厳しかった。
  社内の人達だけでなく販売店や取引先にも厳しかった。
  Eさんは、仕事が出来る人だから、意見を言う人もいない。
〇 もしかして正義を盾にしていたのかな?
桜 そうよ。
  だから、よく思われていない。
〇 ガンの原因だね。
桜 うん。


桜 余命が1年と告げられたことで仕事を辞めた。
  ご主人のK男さんは、残りの人生を楽しく過ごして欲しいと思った。

K 会社にお願いして土日だけでなく毎週、金曜日も休みをもらった。
  忙しい毎日を過ごしてきた。
  旅行に行こう。
  何処に行きたいかな?
E 何処も行きたくない。
K 旅行に行けば、気分も変わる。
E そうかしら?
K 俺に任せろ。
E うん。

桜 K男さんは、Eさんを落ち着かせようと香取神宮に連れて行った。
〇 懐かしいよ。
  香取様と話をしたのを思いだした。
  雨の日のが印象的だった。
桜 雨が降っているのに濡れなかったわね。
〇 奇蹟?
桜 香取様が、〇〇を歓迎したから起こった奇跡。
〇 感謝だよ。


K 紅葉が綺麗だな。
E うん。
  旅行に行けるのは、定年後だと思っていた。
K そうだな。
  写真を撮ろうか?
E 嫌よ。
  やせ細って綺麗じゃない。
K 分かった。
  元気になり太ってから、また来よう。
E 私の余命は、1年よ。
K 俺は、医者が言うのが100%だと思っていない。
  お前に元気になって欲しいと思っている。
E うん。

桜 本殿に着くと香取様に手を合わせます。
〇 願い事は、ガンが治ることだね。
桜 そうよ。
  手を合わせた後、二人はある事に気がついた。

E どうしたのかしら?
  心が軽く感じる。
  清々しい。
K そうだね。
  気持ちが良い。
  空気が美味しく感じる。
E 香取様からの贈り物かしら?
K そうだな。

桜 二人は、境内を散策した。
〇 羨ましい。
  何度も行く機会があったけど時間に追われてノンビリ出来なかった。
桜 また行けるわよ。
〇 そうだね。

桜 駐車者に戻りながら、団子を買い食べた。

E 美味しい。
K 美味しいな。
E 香取様からの贈り物かしら?
K そうだな。

〇 良い方向に向いていると思う。
桜 そうね。
〇 良くなるんだよね。
桜 ガンを克服する話と言ったでしょう。
〇 そうだった。
  先に答えを聞いていたね(笑)
桜 うん。

桜姫の記事一覧
健康の記事一覧
水の記事の記事一覧
メインマップ 全ての記事