本の紹介(小林生観 ありがとうの奇跡)

数年前のことです。
店長が購入した本「小林生観 ありがとうの奇跡」を女神様が読むようにと言うのです。
私は、自分に合う本は読むのですが、そうでない本は読みません。
何故か、合うのか合わないのかが分かるのです。
「小林生観 ありがとうの奇跡」の本が合わないと判断したため読むのを避けていました。
私が、本のことを忘れると「読んで下さい」と言われます。
何度も拒否しました。
その時は、強制的に読まされることになるとは、思っていませんでした。

常連のお客様Mさんと話しているときです。
小林生観 ありがとうの奇跡って良い本ですねと言われました。
そして「運命って決まっているのですね」と言うのです。

運命は決まっていないですと言いました。
私は、運命は決まっていないことを知っているからです。

天国は、大きく分けて五つに分かれています。
一番下の4次元が、幽界と言います。
その上の5次元が、霊界です。
6次元が神界、7次元が菩薩界、8次元が如来界です。


Mさんは、幽界の方です。
幽界の方は、大まかに運命を決めてきます。
魂レベルが上がるほど運命を細かく決めてきます。
幽界の方だと運命が決まっていない割合が多いのです。

Mさんが帰った後、店長に怒られました。
本を読んでもないのに「決まっていないと言ったら駄目」だと言われました。
仕方なく読んでみました。

確かに運命は決まっていると書かれています。
読み終えて分かったことは、小林生観さん自身のことだと気がつきました。
小林生観さんは、魂レベルが高い方です。
高いからこそ運命は決まっていると言っているのです。

Mさんが次に来店したとき詳細を説明しました。
そして言い方に問題があった事を謝罪しました。
Mさんが、私の話したことに納得してくれてホッとしました。

他の意見も受け入れる必要がある事を学びました。

私が書いた電子書籍です。