憑依1(悪霊は、憑依した人の心が読める)

女神様にIさんについて教えて頂きました。
☆が、女神様で〇が、私の発言です。

☆ 久しぶりにIさんから、電話がありましたね。
〇 何故か、電話に出る気持ちになりませんでした。
  店長に電話に出てもらいました。
  内容は、ウツになりかけているから、来店したいと言う内容でした。
  閉店時間に間に合わない場合、電話しますと言って電話を切ったようです。
☆ 閉店間近に電話がありましたね。
〇 はい、その日は、来店しませんでした。

☆ 何故、来店することが出来なかったのかを話します。
  Iさんに憑依している悪霊の影響です。
〇 やはり影響を受けて来店できなかったんですね。
☆ ○○の所に行けば、浄霊されることを知っているから、邪魔をしたのです。
〇 何故、浄霊されることを知っているのですか?
☆ 憑依している悪霊達は、Iさんが何を考えているのか、心を読めるのです。
〇 悪霊にそんな力があるとは思えません。

〇 神々の皆様、眷属の皆様なら、私の心(考え)を読める事は、理解しています。
☆ 私達が、○○の心の中に居るからです。
  魔王に憑依された女性の事を思いだして下さい。
  女性の心の中に魔王がいましたね。
  肩や頭に憑依しているだけなら、心は読めません。
  心の中に入り込まれると全て読まれてしまいます。

私の書いた本です。

私が書いた電子書籍です。