心配性が招いたガンとウツ3(悪口を聞くと気持ちが落ち込むだけでなく魂エネルギーを消耗する)

心配性が招いたガンとウツ

☆ ○○は、常連のKさんの事が気になっているのですね。
○ はい。
  Yさんと関わることで魂エネルギーを消耗しています。
  通院途中の車内は、とても辛いと話してくれました。
  Yさんは、車内で人の悪口ばかり言うそうです。
  悪口を聞くと気持ちが落ち込むだけでなく魂エネルギーを消耗します。
  話題を変えようとしても駄目だと言っていました。
☆ 頑固な心配性に変化が出てきたのです。
○ 憑依している悪霊の影響ですか?
☆ そうです。


☆ 悪霊は、悪口が大好きです。
  悪口を言うことでスッキリすると勘違いしているのです。
  ○○には、何が起きているのか分かりますね。
○ はい。
  Yさんは、悪口を言うことで魂エネルギーを奪っています。
  Kさんのエネルギーを奪う事は、罪です。
☆ そうですね。

○ 私としては、Kさんを守りたいと思います。
  Kさんに身を切ってYさんの面倒を見るのは、間違いだと指摘しました。
  始めに考えるのは、自分のことです。
  その次は、家族です。
  そして同僚や接する人達です。
  魂エネルギーを奪われる事は、やってはいけないです。
☆ そうですね。
  Yさんと一緒にいるだけでKさんは疲れ果ててしまいます。
  自分の時間を使うだけでなく家庭にも影響が出ています。


○ 働くことが出来なくなったYさんは、生活保護を受けるために安いアパートに引っ越したそうです。
  アパートの部屋を見たKさんは、ショックを受けたと言っていました。
☆ 平均的な生活をしている方から見たら狭いだけでなく不便な点が多いのです。
  家賃も制限があるため古いアパートにしか住めません。
  家族で生活保護を受けるのと違い大変なのです。
○ 他の方から聞いた話ですが、貯蓄や嗜好品も認められないそうです。
☆ その様な状況を見てKさんは、Yさんを可哀想だと思ってしまったのです。
  全ての責任は、Yさんにあるのです。
○ はい。
  可哀想だと思わないようにKさんに言いました。
  可哀想と思うのは、明らかにマイナスの思いです。

○ 生活保護を受けているのですから、これ以上、Yさんに関わって欲しくないです。
☆ そうですね。
  関わらないことが、Yさん、Kさんのためになります。

メインマップ 全ての記事

憑依の記事の記事

心配性が招いたガンとウツ