心配性が招いたガンとウツ2(悪霊にお前なんて生きている価値がないから、死んでしまえと言われる)

心配性が招いたガンとウツ

☆ Yさんのアパートの部屋は、どのような状態ですか。
○ 自殺まで追い込まれたと言う事は、通常では考えられない数の悪霊が居ると思います。
  魔王のように強い存在ではなく数が多いです。
  私がサラリーマンをしていたときを思い出してしまいました。
  後輩が、仕事のミスで上司に怒られウツになり自殺しました。
  妻子を残して自殺したんです。
  後輩は、謙虚さに欠けていました。
  自分のミスを許せなかったのです。
☆ 自分は、出来ると思う事も大切ですが、謙虚さを失うとマイナスの方向に向かいます。
○ はい。


○ Yさんが、自分の部屋に戻りたくないと思うのは当然だと思います。
  悪霊が「お前なんて生きている価値がないから、死んでしまえ」と言っています。
☆ そうですね。
  悪霊は、人の不幸を見て喜びます。
  自殺に追い込んで仲間を増やそうとしているのです。
  Yさんは、悪霊の声に怯えながら言う事を聞いて自殺を試みたのです。
○ ガンになり収入源を失っただけでなくあらゆる事をマイナスに考えたのですね。
☆ そうです。
  自殺者の数が多い理由の一つです。
  自殺には、必ず悪霊が影響しています。

☆ AさんとKさんが心療内科に連れて行ったことで状況が変わりましたね。
○ はい。
  抗うつ薬を服用することでボーッとして考え事が出来ない時間が増えました。
  Yさんが考えるのは、将来に対する不安ばかりです。
  楽しい事など考えられません。
☆ Yさんのような方には、抗うつ薬が必要です。
○ はい。
  抗うつ薬が必要な方を多く見てきました。
  抗うつ薬は、肉体的に毒素が含まれていますが、飲まなければ普通の生活を送れません。
☆ そうですね。


☆ Yさんが、何故、今のようになったのか気になるのですね。
○ はい。
  Kさんから全てを聞けませんでした。
☆ Kさんが、Yさんはシングルだからと言った理由があります。
○ 離婚の経験があると思います。
  そうでなければ、シングルと言わないと思います。
☆ 機会があれば、Kさんに確認して下さい。
○ はい。

☆ 身内の話がでなかったことも確認して下さい。
  それなりの理由があるのです。
○ はい。
  身内がいないこともあるのでしょうか?
☆ 孤独死と言う言葉のとおりなのですよ。
○ 分かりました。

メインマップ 全ての記事
憑依の記事の記事
心配性が招いたガンとウツ