ソウルメイト2(運命の書を書き自分で運命を決める)

ソウルメイト

☆ 母親を自分で選ばない方が居ることも簡単に説明します。
  動物の魂から、人間の魂に進化したばかりの方は、自分で母親を選びません。
  何故なら、人間の魂としての過去世が無いからです。
  過去世が無いと言う事は、カルマを持っていませんしソウルメイトも居ないのです。
  それ以外の方は、母親を自分で決めて地上に産まれます。
〇 過去世が無い方は、誰が母親を決めるのですか?
☆ 指導する天使です。
  指導する天使は、両親や兄弟などを紹介するのです。
〇 分かりました。


☆ Rさんが、お母さんを誰にお願いするのか考えていたときです。
  前世、お姉さんだったAさんに声をかけられました。

A Rさん地上に降りると聞いた。
  前世、従兄弟だったOさんと夫婦として地上に降りるの。
  私の子供として生まれて欲しい。
R お姉ちゃんが、お母さん・・・
  前世、お世話になったけど厳しい面もあった。
A 決めるのは、Rさんよ。

☆ Rさんは、しばらく考えた後、笑顔で返事をします。

R 分かったわ。
  お姉ちゃんが今度は、お母さんね。
A 姉として家出を止められなかった。
  愛情一杯に育てたい。
R うん。
  お願いします。

☆ このようにして両親や兄弟などを決めてきます。
〇 はい、理解しています。
☆ Rさんは、数十人のソウルメイトと会い自分の運命について説明しました。
  運命の書を書き終わると指導する天使に提出しました。
  天使は、運命の書を確認します。

天 Rさん、前回は、非行に走って同級生をイジメました。
  イジメのカルマの解消が記載されていません。
R すみません。
  書き直してきます。
天 窃盗の件も忘れないで下さい。
  非行にはしたことで作ったカルマは、今回で解消出来ます。
R はい、分かりました。


☆ Rさんは、過去世を振り返りカルマを探します。
〇 女神様、地上に降りている私達は、過去世の記憶がありません。
  天国にいる方は、全ての過去世を思い出せるのですか?
☆ そうです。
  3次元で生活しているため過去世を思い出せないのです。
  もしも、〇〇が過去世の記憶を思い出せるとしたら、学ぶ必要性がなくなります。
  3次元に生まれると言う事は、1からスタートなのです。
〇 分かりました。

カルマの記事
メインマップ 全ての記事