【幸福感の違い】精進3。魂レベルが上がるほど幸福感が強くなる。

精進

3話目になります。
1話目、2話目を読まれていない方は、下記を読まれて下さい。
   ↓   ↓
【何故、生まれてきたのか】精進1。動物の魂から、人間の魂への進化

【幸せを感じるのは人間だけ】精進2。来世も人間に生まれる理由。

楊 知りたいのね。
○ 知りたい。
楊 輪廻転生を500回経験したSさんの話をする。
  前回までのKさんと似たような経験をした。
○ 順調に500回の輪廻転生を経験しているとしたら、幽界の中段になるね。
  イジメだけでなく殺人も犯したのかな?
楊 そう順調に歩んできたから、中段の方よ。
  殺人も犯した。
  出来るだけKさんと同じ経験をした人の方が、分かりやすい。
○ そうだね。

○ 幸福感もKさんと違うんだよね。
楊 勿論よ。
○ 違いが知りたい。
楊 簡単に説明する。
  Kさんは、ご飯に困らないこと楽しく遊べること等を学んだ事を幸福と思った。
  Sさんは、家庭で幸せに暮らすことを幸福と思った。
  輪廻転生を経験する度に精進したの。
○ これだけ?
  分からないよ。
  詳細を話して。
楊 分かったわ。

楊 Sさんは、普通の家庭で育った。
  性別は、女性。
  何処にでもいる女の子として育てられた。
  一人っ子のため沢山の愛情を貰った。
  休みの日は、家族で出かけ幸せに過ごした。
  イジメられる事もなく看護大学を卒業して総合病院で働き始めた。
○ イジメは、なかった?
楊 そう、学生の頃まではね。
  社会人になるまでは、イジメないしイジメられない。
  学生の頃、イジメを経験するのは、幽界の下段の人が、殆ど。
  例外もあるけど少数。
  本題から外れるから、少数の話は省略する。

○ あれ!
  女性なのに殺人?
楊 簡単に説明する。
  Kさんは、10回ほど男性として生まれた。
  その次は、女性として生まれる。
  男性も女性も経験しないと精進するのが難しいの。
  Sさんも同じように男性も女性も経験してきたの。
  Sさんが、殺人を犯したときの性別は、男性。
  今、○○は、男性ね。
  ある聖地に行くと女性の名前で呼ばれる。
  何故だか分かるわよね。
○ 今世と1世代前は男性。
  2千年前だったかな?
  その時は、女性。
楊 誰でも男性と女性として生まれる。
○ そうだね。
楊 話が逸れている。
  本題に戻す。
○ うん。

楊 前回のKさんは、不良になったでしょう。
  Sさんは、違う。
  Kさんは、両親からの愛情が足りなかった。
  不良は、大半が愛情不足。
  KさんとSさんの幸福度の違いが分かるでしょう。
○ 大きく違う。
楊 精進して魂レベルが上がるほど幸福を感じるの。
  分かったでしょう。
○ うん。
  分かった。
  終わり?
楊 うん。
○ 楊貴妃、中途半端だよ。
楊 誰でも分かるように話したつもりよ。
○ 物足りない。
  その後のSさんが、気になる。
  大人として精進して幸せになる話を聞きたい。
楊 ハッピーエンドを望んでいるのね。
  そうはならない。
○ ?

サイトマップ

トップページ

カライナイが書いたプリント本(紙の本)と電子書籍の一覧です。