【先祖の霊3】お墓の中で供養が足りないと子供、孫をイジメる先祖。

先祖霊

☆ お墓の中は暗くジメジメしています。
  暗いのですが、父親、お爺ちゃん、お婆ちゃんだけでなく複数の人がいます。

G 親父、お袋はいないのか?
父 いないぞ。
  それよりお前の先祖供養は間違えている。
  お線香の数が足りない。

☆ 仏壇に手を合わせたときのことやお墓参りについて説教されます。
○ Gさんが知らない複数の人は、誰でしょうか?
  3代前の先祖です。

父 ご先祖様に挨拶をしろ。

G 初めましてGです。
先 お前のことは、毎日見ていた。
  供養の仕方が間違えている。
  お供え物も少ない。

☆ また説教されます。
  3次元の時間で数時間の説教です。
  不思議なことにお墓の中は狭いはずなのに奥に広くなっています。
  奥を見ると少しだけ明るいところがあります。
  明かりを見つけると皆で覗き込みます。
  大勢でテレビを見ているような光景です。
  映し出されたのは、Gさんの奥さんが手を合わせて拝んでいるところです。
○ お墓と仏壇は、繋がっていると教えられました。
  お墓にいる人達は、仏壇を通して子孫を見ているのですね。
☆ そうです。

☆ テレビを見ていると表現していますが、霊視と同じです。
○ 分かりやすいように例えたのですね。
☆ そうです。

☆ 夜が明け仏壇の扉を開けたことで見られるのです。
  霊視ですから、扉を開けなくても見えるのですが、先祖達は肉体を持って生きていると思っています。
○ なるほど・・・
  死んだことを認めていないのですね。
☆ そうです。

先 お前の妻のやり方が変だ。
  お前に対してだけ拝んでいる。
  先祖をなんと思っているんだ。
  わしがいるからこそお前達は生まれた。
G すみません。

☆ 疑問に思うことは、聞いて下さい。
○ はい。
  Gさんが「お袋はいないのか?」と聞きましたが、答えがありませんでした。
☆ お父さんは、妻が何処にいるのか知らないのです。
○ 何処にいるのでしょうか?
☆ 幽界の上段にいます。
○ 天国に帰ったのですね。
☆ お母さんは、人の役に立ちたいと思い教員になったのです。
  頑張ったことで天国に帰ったのです。
○ はい。
  皆お墓や地獄だと思っていたためホッとしました。

☆ 仏壇に手を合わせている奥さんを見ていた先祖が怒り出しました。
  お墓の中にいる全員を正座させ怒鳴ります。
○ 自分の子供、孫です。
  怒鳴るのですね。
☆ 先祖と言っても悪霊です。
  子供、孫のことなど考えていません。

お墓と仏壇 (紙の本)
お墓と仏壇 電子書籍

先 供養が間違えているだけでなく足りないから、成仏出来ない。
  わしに手を合わせろ。

○ 成仏出来ないのは、本人の責任です。
  子供、孫のせいではありません。
☆ 知識がないのです。
  どうすれば成仏出来るかの知識(知恵)がないのです。
○ まるでイジメです。
  他のお墓でも似たようなことが起こっているのですか?
☆ ましな方です。
  代々受け継がれたお墓では、権力争いも起こります。
  強い者が弱い者をイジメるのです。

☆ 疑問が出てきましたね。
○ はい。
  霊能力が強い方が亡くなりお墓に入ると何が起こりますか?
☆ ○○が想像しているとおりです。
  肉体がない世界ですから、霊能力の強い者が支配者になります。
○ 先祖をイジメるのですか?
☆ そうです。
  ○○の言うようにお墓の中は、地獄なのです。
○ はい。

サイトマップ

トップページ

カライナイが書いたプリント本(紙の本)と電子書籍の一覧です。